わが家の家庭菜園2

わが家の家庭菜園2

エコ活動

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

夫です。

前回の続きです。

食べた野菜の種、肥料は残飯、で育て始めたかぼちゃとプチトマト。

芽が出てすくすくと育ちました。

残飯だけでも野菜は育つものですね。

種を植える時期が遅かったのですが、かぼちゃは雄花、雌花が咲きました。

かぼちゃは人工授粉が必要な野菜らしく、ド素人ながら人工授粉にも挑戦しました。

↑雄花 ↓雌花(子房があります 写真はまだ花が咲いていません)

雄花のめしべの花粉を雌花のめしべにつけてあげる。

これでよいはず(間違ってたらすいません)と思っていましたが、

子房が大きくなることはなく、結果は実らずかぼちゃは不作となりました。

更にかぼちゃはうどんこ病にも苛まれ、日に日に枯れていく始末でした。

不作の原因① プランターが小さすぎる上に間引きが足りなかった。

1枚目の写真を見てお分かりの通り、幅70cm奥行30cm深さ40cmという小さいプランターに3つ芽が出てそのまま3つ育ててしまいました。

小さいプランターの為に栄養の奪い合いをして十分に育たなかったのだと思います。

間引いて1本に絞ってやるべきでした。

不作の原因② 水やりが足りない。

毎日仕事で日中は水やりが出来てず、朝夕に1回ずつ、下手したら夕方はできてない日もありました。

プランターを軒下においていたため雨水も注がれにくくなっており、水が足りなかったのだと思います。

不作の原因③ うどんこ病の対策

原因②のせいで乾燥が続いたためか、うどんこ病にかかってしまいました。

うどんこ病の存在は知っていましたが、根本的な対策をわかっていませんでした。

うどんこ病を見つけた時はすぐさま病気にかかっている部分を取り除く必要があるそうです。

知らずに放置してしまった為、全体に広がって後の始末となりました。

一方のプチトマトは・・・続く